2018年08月15日

チョーコー ポン酢シリーズ

IMG_1204.JPG

チョーコー醬油さんのポン酢しょうゆのシリーズです。
それぞれ味わいの違いが少しずつありますが、どれも良いです。
ポン酢というとかなり限られた用途でしか使わなかったり、使っても美味しくなかったりでしたが、これは違います。
鍋物はもちろんのこと、ドレッシングの代わりに生野菜に、フライ、餃子、焼き肉などなどなんでもござれ です。
うちでは餃子は必ずこれ一本です。
ぜひお試しあれ。
posted by masa110 at 19:55| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日入荷のみたぼら農園卵 完売です。

8月10日入荷したしました「みたぼら農園卵」は完売いたしました。次回入荷は20日になります。よろしくお願いいたします。
posted by masa110 at 19:28| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

ピクプール・ド・ピネ/ムーランドガザック

IMG_1202.JPG

ピクプール・ド・ピネ2014  ムーランドガザック

ムーランドガザックが造る南仏の古来品種ピクプール種100%の白ワインです。ピクプール・ド・ピネに初めて出会ったのは「フェリーヌ・ジョルダン」という造り手のワインでした。輸入元が辞めてしまったので今は取り扱っていませんが、今はムーランドガザックが造るワインです。

非常に爽やかな酸を持っていながらも酸が出しゃばりすぎず軽やかです。でも、軽薄さはありません。今年のような夏は、しっかりと冷やして飲んでいただくととても満足考えられるワインだと思います。2014というヴィンテージですが、まだまだ若々しさも十分で楽しんでいただけると思います。スクリューキャップです。
posted by masa110 at 20:30| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

会津娘 つるし 入荷中

IMG_1200.JPG

会津娘 つるし 入荷いたしました。
ほんのりと漂う吟醸香があります。アタック時の柔らか味は、会津娘の良さと袋吊りの良さを感じさせるものです。ふくらみが出るにはもう少し時間が必要かな と思います。あと3か月待っていただくとより良くなると感じますがどうでしょうか?
posted by masa110 at 19:58| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月03日

新潟麦酒 甘酒

新潟麦酒で造っている甘酒です。新潟麦酒はなかなか個性的な地ビールメーカーです。ビール醸造の時に出る副産物で豚を飼育したり、トリュフを作ったりしています。ビールも個性的で熟成が期待できる麦のワインといってもよいかもです。
そんなメーカーが造る甘酒は・・・やっぱり一線を画します。

味はしっかりしているのに甘みはかなり控えめ。今年のような暑い夏にはピッタリです。通常売られている甘酒が甘すぎると感じている方は是非一度お試しください。粒はすりつぶしてあるタイプです。


IMG_1198.JPG
posted by masa110 at 19:45| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

第21回繁桝 秘蔵酒を楽しむ会 募集のご案内 

毎年大好評の頒布会です。
詳細はこちらをクリックして下さい。
PDFファイルになっております。

頒布会最後のお酒単品で5,000円位の価値のある品です。お酒の質を考えたらCPはかなり高いと断言できます。

当店への入荷数に限りがありますので、ご検討の方はお早めにお申し込みお願いいたします。


posted by masa110 at 19:52| Comment(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

みたぼら農園 卵本日入荷

みたぼら農園の卵本日入荷いたしました。
よろしくお願いいたします。8DED28F9-7F46-4694-8EE3-093ADBAF9C96.jpg
posted by masa110 at 19:38| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

タマヤパン、ノースプレインファーム入荷しました。

42764D52-93AF-413C-B922-182E06DB0BFE.JPG
IMG_1192.JPG

タマヤパン・ノースプレインファーム乳製品 入荷中です。
よろしくお願いいたします。
posted by masa110 at 19:50| Comment(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

本みりん2種

みりんは、もち米と米麹に焼酎を加えて糖化だけをさせて作られるお酒で、製造の分類的にはリキュールなどと同じ混成酒になります。
みりんは、ほとんどの方が調味料としての位置付けをされていると思いますが、元来飲み物として生まれた品です。みりんが誕生したのは、焼酎がベースになっていることから室町時代末期の戦国時代ごろといわれています。昔は甘いもの自体が貴重で、ましてや甘い状態で日持ちがする物は、かなり重宝がられたのではないかと推測されます。調味料として使われだしたのは、江戸時代後期頃で、うなぎのかば焼きのたれに使われたのが初めてといわれています。

戦後、急速に調味料としてのみだけ広がり、のみものとしてのみりんはすっかり忘れ去られてしまいました。その原因の一つは、早く大量に造られるようになって、みりん本来の味わい深さがなくなってしまったことがあると思います。
今回ご紹介する2種類は、しっかりと熟成させる本来の造り方で造られた品です。それぞれ目的の違いも味に鮮明に出ていて面白いです。

IMG_1190.JPG
福来純 三年熟成本みりん
自家製のコメ焼酎をベースにして、90日を経てフネで搾られたみりんを3年間静かに熟成させます。搾ったばかりの時は、透明で甘めの焼酎みたいですが、3年の時とともにこの黄金色ととろみが出てきます。通常流通している本みりんの半分以下の量で充分な旨味とコクと照りが引き出されると思います。料理が腕が上がったと思うぐらいの違いがあります。

IMG_1189.JPG

磐城壽 本みりん黄金蜜酒(コガネミツザケ)
磐城壽の酒粕から造った粕取り焼酎をベースにして、飲む用にと造られた本みりんです。飲むことを目的としているため熟成もやや少なめの1年半です。自家製の粕取り焼酎の製造もかなり考えられていて、そのためもあってとても上品な甘さと行き過ぎない甘さがとても心地よい味わいです。もちろん、料理にお使いいただいてもとても良いです。みりんの製造免許は東北では珍しいです。カクテルのベースとしても良いです。大介さんのおすすめでこのお酒にレモン果汁、炭酸を入れると凄くおいしかったです。
posted by masa110 at 21:01| Comment(0) | 酒類全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

ルー・デュモン(仲田さんのワイン)

IMG_1188.JPG


ルー・デュモンのワイン
ルー・デュモンは、ブルゴーニュでワイナリーを経営している仲田さんの銘柄です。リリースするワインのラベルには、どこかに必ず「天・地・人」の漢字が書いてあります。この3つの漢字は、ワインを造るための大事な要素が詰まっていますよね。仲田さんらしいです。
いろいろなワインをリリースしてどれも素晴らしいですが、なかでも私は、仲田さんの真面目で実直な人柄が出ている品は毎年出てくる「ボージョレー・ヌーヴォー」だと思ってます。えー意外という言葉が聞こえてきそうですが・・・

posted by masa110 at 19:13| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする