2012年02月27日

もうそろそろ最終です(12/02/27)

繁桝の吟醸粕の販売はそろそろ最終になります。ご入用の方はお急ぎ下さい。2月末まではご用意できますがその後は何ともいえません。今年は入荷している酒粕はとてもグレードの高い品です。今回の入荷が終わりますと年末まで入荷はございませんのでご了承下さい。

1s 550円(税込)
posted by masa110 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

今年の新酒は(12/02/24)

今年の新酒がいろいろと入荷していますが、昨年とは違い今年は全体的に良い出来のお酒が多くなっています。昨年は良い出来のお酒をご紹介するのに苦労しましたが、今年はその逆で良くないできのお酒は少ないです。

ワインで言う所のビックヴィンテージといっても良いのではないでしょうか。まず第一にお米の出来具合がとてもよかった事があると思います。酒造りにとってかなり造りやすいお米だったようです。もちろん各蔵のいろいろな点での改善や改良などもあることと思います。

さらに醸造の際手を入れることの多い日本酒ならではの特徴に、良いお米であっても酒蔵の技術レベルがとてもよく出ると感じます。この点はワインよりも差が出やすいのではないでしょうか。もちろんワインも出ますが。

繁桝の生シリーズもすべて良い出来栄えで今年はワクワクしています。今飲んでも美味しく感じられますが熟成しても良い状態にて楽しんでいただけると思います。
posted by masa110 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

築地にてB(12/02/23)

SN3S0409.jpg
続きです

試飲販売中は、父親と長女はいろいろと接客してくれて助かりました。息子は接客はそんなにしませんでしたが、片付けなどは一生懸命してくれ、それぞれの持ち味を生かしてくれて助かりました。

午後の2時頃には試飲、販売が終了になり、その後会場の片付けに入りました。解散になったのは3時半頃でしょうか。その後子供たちのリクエストで車は駐車場へ置いたまま歩いて銀座へ。私は久しぶりの銀座で、歩行者天国の時に来たのは何十年ぶり?という感じです。

父親と一番下の子供は朝早くからだったので疲れ果てており、銀座どころではなかったようです。長女だけがかなり満足して買い物をしました。一番下の娘がピザが食べたいという事で休憩がてらどこかへ入ろうとしましたがどこも一杯。待つ余力も当然あるはずもなく帰ることにしました。

銀座から築地の駐車場まで歩くのは辛そうだったので、日比谷線で築地へ戻るハメに。たった2駅なのだがしょうがないですね。駐車場へ着いた時には真っ暗になっていました。帰りは首都高にのるのに迷ってしまい、グルグルとそして最終的に銀座からは乗ることが出来ず適当に走って結局箱崎からのりました。

慣れの問題だと思いますが、田舎から出てきたものにとって都内の一般道はやはり厳しいです。この時も右折時に交差点の真ん中で詰まってしまい動けなくなってあせっていました。この場所はちょうど中央分離帯があり助かりましたが冷や汗ものですね。

帰りの車は私以外はさすがにぐっすりと眠りについていました。このような時は運転者は辛いです。無事に家に着き良かったです。

今回はとてもよい経験をさせて頂きました。来ていただいたお客様、関係者に感謝です。またいろいろな場所で行う予定になっていますのでまたよろしくお願いいたします。
posted by masa110 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 店の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

築地にてA(12/02/21)

SN3S0417.jpg

昨日の続きです。

今回のイベントは、ただ単に販売というだけではなくフォトジャーナリスト高橋智裕さんの写真展、湯本温泉の足湯の再現、ハワイアンバンドの演奏などが短い時間にぎゅっと凝縮された内容でした。

写真展も高橋さん本人が会場にて来場者といろいろとお話をしていたり、足湯も湯本のこいと旅館の宗像さんが会場にて湯本温泉のPRをしたりというものでした。

だから会場も大きいテントが10張りほどあり、それぞれのテントでいろいろな体験、それこそ今回のイベントのキャッチフレーズにある「いわきがまちごとやってくる」の雰囲気がコンパクトに再現されていたように思います。

朝方は会場設営のお手伝いをしながらいまいち状況がのみ込めなかったのですが、途中からはかなりこのような雰囲気になってきたと思います。

会場設営が終わり、実際に会場をオープンにしたのは9時ごろだったでしょうか。それからは私自身は休む間もなく午後2時まで稼動でした。今回私が持って行ったのは、太平桜のお酒が2種類と磐城壽の新酒が間に合ったので少しだけ。

そして先日このブログでもホットジュースのすすめでもご紹介した小池農産加工所謹製木野本農園みかんジュース、片桐農園りんごジュースふじ、そして富樫さんの塩を使ったトマトジュースです。

私自身は販売というよりもお客様と日本酒の話やこのジュースの話を出来ればよいなという感じで行きました。日本酒は太平桜本醸造生酒と太平桜さくら酒(活性にごり)を、ジュースはみかんジュースとりんごジュースを試飲していただきながらかなり多くのお客様といろいろと日本酒の話や食品の話を出来たのでとても嬉しかったです。

多くのお客様にご来場頂きました。うちのお店を知っている方、お店に来ていただいた事のある方、よくお店においでになる方など当店をよく知っているお客様もいらっしゃいました。やっぱり悪い事は出来ないですねわーい(嬉しい顔)

先日行われたいわきサンシャインマラソンを走られた方も何人かいらっしゃって、走っている時向かい風がひどかったけども応援がとても救いになり良かったとお話をされていました。またいわきに来たいということで、このような話を聞くととても嬉しいです。

ご来場していただいたお客様は皆とてもお話を良く聞いてくださり、そのため当店で毎年行っているイベントの食品祭の雰囲気がそのまま築地で再現できたように思います。傍からみるといなかっぺ丸出しの言葉と言い方なんだろうな後で感じましたが、その時はそんな事はどうでも良い状態です。

多くの方から励ましのお言葉も頂き感激ひとしおです。

続く
posted by masa110 at 19:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 店の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

築地にて@(12/02/20)

SN3S0412.jpg

2月18日土曜日築地の特設イベント会場緑のマルシェにて「いわきの12人プロジェクト」としてイベントを行ってきました。築地自体が朝の町なのでイベントの開催時間が8:00〜14:00までなのです。

当日の設営などから朝6時の集合にあわせて朝3時に車に商品を積んで勿来を出発。私の父親と子供たちを乗せて一路築地へ。このような機会はなかなかないため父親と子供たちはこの話が決まった時からかなり乗り気でした。手伝いと称しながら遊び感覚?

常磐道の日立辺りで積雪雪が・・・ででました私の荒れ男発揮。前回の山形行きで払拭されていなかったのかもうやだ〜(悲しい顔)2車線の道路をふさぐ形で融雪剤を巻く車が時速50q位で走っています。もしかして積雪がしばらく続くのか。このまま行ったら間に合わないではないか。

と考えをめぐらせているうちに散布車両が寄って前に行く事が出来ました。雪があったのはちょうど常磐道日立辺りの標高が高いあたりだったようでそれより南では道路は順調でした。首都高を降りて一般道へ、なんか別世界へ来たみたい。朝6時前だというのに築地はもうすでに活況の真っ只中。道は人と車と荷物で溢れかえっていました。この光景に圧倒されて言葉も出ません。がく〜(落胆した顔)すごいです。

わけがわからずに車を転がしていると知らずに偶然会場の前に出ました。でもここでモタモタ出来るわけもなく、後ろから車は来るは人は来るはで近くの駐車場へ入れてしまいました。今回の会場で契約の駐車場があるようなのですがそれを確認する暇もなくという感じでした。

その後契約の駐車場へ移動して、この移動も道が一方通行のためまたぐるっとひと回りしてやっと入れました。田舎の道を走っているような訳にはいきませんね。ほとんど休むまもなく会場設営へ取り掛かり8時へ備えたのでした。

続く
posted by masa110 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 店の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

築地行ってきました(12/02/19)

先日書きましたように築地に行って売り子をしてきました。本日グロッキー(死語ですね)のため詳しくは明日以降書きます。今日は早く寝ないと明日以降に長々と尾を引きそうです。早く寝なくても尾を引くかも・・・
posted by masa110 at 20:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 店の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

築地のイベント会場にて(12/02/17)

明日18日は、東京の築地場外市場で売り子をしてきます。朝8時から午後2時までで築地場外市場イベント特設会場です。足湯、ハワイアンバンドの生演奏、フォトジャーナリスト高橋さんの写真展などなどを行う予定です。もし良ければご来場下さい。よろしくお願いいたします。
posted by masa110 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

ホットジュースのすすめ(12/02/15)

ジュースというと冷たくして飲むものというイメージがありますが、以外や以外日本酒のお燗のように温めて飲んでも美味しいんですよ。温めると甘ったるくなると思われがちですが、酸味も引き立つようになるので意外とバランスよく飲めるんです。

もちろん全てのジュースが美味しいという訳ではありませんので試してみるしかありませんが、試してみる価値は大有りです。

現在当店に入荷している
・小池農産加工所謹 片桐農園リンゴジュース ふじ 1L 840円
・小池農産加工所謹 片桐農園リンゴジュース 紅玉 1L 1,050円
・小池農産加工所謹 木野本農園みかんジュース   1L 1,000円

以上の品は、とっても美味しく飲めます。特に今年のジュースは、糖度と酸味のバランスがとてもよいのでかなり美味しく感じていただけるのではないかと思います。

ホットジュースとは違うお話ですが、これらのジュースがは作られてからまだ日が浅いのでもう少し置いておくとさらに美味しくなると思います。と書くとえ?出来立ての新しい方が美味しいじゃないの?と思われると思いますが、実はちょっと違うんです。

私の感覚的には、作られてから3ヶ月以上経ってからのほうがよりまとまりが出て美味しく感じられると思います。特に今年は出来が良いのでさらに置いておいた方がよりよいかもです。

この理由は完全に私の考えですが、日本酒の火入と同じで加熱処理をすることによって味わいのバランスを崩すのだと思います。このブログでも日本酒の生酒はお燗をするとなぜ美味しくないのかという事で以前書いたと思いますが、生まれてこの方これらの温度の経験がないことから人間的に言うとビックリするのです。

一度でも火入をした日本酒はお燗の時の温度は一度経験しているのでビックリせずにバランスを崩さないのだと思います。

例えはよくないかも知れませんが熱処理は軽く火傷をしたと考えてみて下さい。軽い火傷は火傷した時は皮膚の色や見た目が変わりますが時間とともに元に戻っていきます。それには時間が必要です。日本酒やジュースの加熱処理も同じように考えればなんとなく感覚的には捉えられるのではないでしょうか。

このジュースも生ジュースではなく熱処理をして製品化されますから一度バランスを崩すのです。そしてゆっくりと時間をかけて戻っていくのだと思います。だからホットジュースにして飲んだとしてもこのホットの状態は一度経験があるためバランスを崩さずに飲めてしまうのではないでしょうか。

もちろん科学的には全く判りませんので私自身の感覚的であることをお断りしなくてはいけません。あしからず。
posted by masa110 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

日本酒の入荷情報(12/02/14)

本日は世の中はバレンタインデーですね。私くらいの歳になると、あまり感慨はなくなってきますが、娘たちが手作りのチョコやクレープなどを作っているとなんか嬉しくもあり、心配でもありと複雑な心境です。世の中がバレンタインの日に日本酒のご案内です。

23B.Yの日本酒の入荷状況をお知らせ致します。限定で入荷の品等が多くありますので一時的に切らしたり、完売してしまう品がありますのでその際はどうぞご了承下さい。

1月30日付でご案内した品を除いてご案内いたします。

入荷済み
・末廣  純米生酒 猫魔の雫     1.8L 2,730円 720ml 1,365円
・会津娘 芳醇純米生酒        1.8L 2,790円 720ml 1,500円

このほかに繁桝の生酒シリーズで仕上がったお酒が入荷しています。どれをとって頂いても申し分ない仕上がりと品質です。
・繁桝  特別純米酒生々 山田錦55%  1.8L 3,045円 720ml 1,575円
・繁桝  辛口純米酒生々       1.8L 2,730円
・繁桝  特別本醸造生々 山田錦55%  1.8L 2,625円 720ml 1,313円
・繁桝  大吟醸生々せめ 山田錦40% 1.8L 3,700円 720ml 1,890円
・繁桝  超辛口本醸造生々       1.8L 2,310円

これから入荷予定
・磐城壽 搾りたて純米酒 1.8L 2,572円
・美の川 純米吟醸生良寛 1.8L 3,150円  720ml 1,600円

今年は昨年と違いお米の出来が良かったせいもあり良い出来のお酒が多くなっています。昨年はよく仕上げてあるお酒が少なく皆さんへお勧めするものが少なくて苦労しましたが、今年は逆にお勧めする品が多くて苦労します。なかなか上手い具合にならないですね。でも今年は嬉しい悩みです。


posted by masa110 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

小池農産加工所のこんにゃく(12/02/13)

当店で扱っている食品でみたぼら農園の生卵を除いた品で毎月コンスタントに売れている品があります。それは「小池農産加工所のこんにゃく」です。
先日あるお客様から生のこんにゃくいもを使ったこんにゃくはないの?という質問を受けました。何でもテレビか雑誌に出ていたようでそれが栄養も良くおいしいと言う事のようでした。当店で扱っているこんにゃくはこんにゃく粉を使っています。その時にその質問に中途半端なお答えしか出来ていなかったので、その点を含め先日小池さんへお邪魔した際に聞いてみました。

小池さんによれば、生のこんにゃく芋からは取れる時期にしか生産できないし仮に通年を生産しようとすれば芋ごと冷凍にするしかない。生のこんにゃく芋から作られるこんにゃくはせいぜい2ヶ月が限度とのことです。

その点こんにゃく粉にしてしまえば通年を通じてかなり品質が安定するとのことです。でもこのこんにゃく粉も品質がいろいろあり、いわゆる1番粉、2番粉というのがあるそうです。この種類の違いから出来上がるこんにゃくにも違いが出てくるとのこと。当然マンナンなどの含有量にも違いが出てくるそうです。

小池さんのこんにゃくは、とにかく美味しいです。そのままさしみで、また茹でて、煮て、焼いてといろいろ試してみて下さい。それぞれの美味しさが出てくるこんにゃくです。ぜひ一度お試しを

900g 420円です。



posted by masa110 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

磐城壽さんへ訪問できましたA(12/02/12)

昨日の続きです。

翌日はちょっと早めに蔵にお邪魔して、少しながら、邪魔しながらお手伝いさせて頂きました。今回は磐城壽の鈴木さんからのお誘いで、昨年の震災時に仕込みをしていたお酒をご縁のある販売店と一緒に仕込みたいとのご提案を受けて行ってきたのでした。2月5日に初添、2月8日に留添で私達は最後の留添の時に参加させていただいたのです。

少し早めにお伺いしましたので家内と一緒に大介さんの奥さんと弟の荘司さんの奥さんと共に麹の造るお手伝いをさせて頂き、一汗かきました。その後参加の皆さんと一緒にお昼をご馳走になり、その後蒸し米の放冷、明日以降に使用するお米の洗米後蔵内を案内していただき、放冷したお米をもろ味タンクへ投入して作業を終わりました。

毎度ながらいろいろな酒蔵へお邪魔し、少しお手伝いしたり、見学させていただいたりして感じる事は、絵になるようなダイナミックな動きのある場面ももちろん大事ですが、絵にならないような地味な作業が良い酒を造る上ではとても重要なんだなあと思います。

今回の訪問では、例えば蒸米を自然放礼する時、お米を広げていくのですが少しだけではまだまだ団子状になっているのですね。それを手を使い丁寧に細かくしていく作業があるのですが、この作業がとても地味なんだけども重要だなあと感じました。

お酒のもろ味の品温にも影響があるし、生きている微生物の営みには人間が感じないような微妙な差が後々大きく品質に影響していくのではないかと思います。今回は良い経験をさせてもらいました。感謝感謝です。

帰り道は、荒れ男の汚名返上かと思えるくらい道路に雪がなく、栗子峠も道路は全く危なげなく通る事が出来ました。鈴木さんも気を使っていただき、仕事を早めに終わりにしていただいたのも助かりました。雪道は30分とはいえないですからね。

鈴木さんご家族は、社長をはじめ皆さん元気そうで何よりでした。また1からのスタートですが、前向きで1歩ずつ進んでいます。これからも磐城壽をご紹介して参りますのでよろしくお願いいたします。

帰ってからは日頃の怠慢がたたって手は痛くなるは、横腹は痛くなるはで情けないです。この違いは何?
posted by masa110 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

磐城壽さんへ訪問出来ました@(12/02/11)

先日の7日、8日と2日間にかけて出かけて来ました。7日は東京へ、8日は山形へとの移動です。東京はワインの試飲会と私用でどうしても外せない用事があり出かけました。当日までに山形へ着きたかったのと翌日の帰りの事を考えて車で行くことにしたのです。

車で行く事にはしたものの先週までの寒波での大雪を考えるとどうしようかという気持ちがあったのですが、天気予報によると暖かくなるという事で車にしました。しかし、東京の都心まで車で行く事にはためらいがあったので東北自動車道へ近く、渋谷までも電車で便利の良い所ということで戸田へ車を置いていく事にしました。

私用に少し時間がかかり、さらにワインの試飲にも時間がかかってしまったので東京からの出発がかなり遅れてしまい、山形の長いにつく予定にしていた時間を大幅に遅れてしまったのです。でも、ワインは良いのがたくさんありましたよ。入荷いたしましたら順次ご案内いたします。

さて、遅れる事2時間10時頃にやっとホテルに到着しました。それからかなり遅れたものの磐城壽の大介さんと酒造りに参加するメンバーが待つ飲食店へお邪魔しました。遅れたためにかなり待たせてご迷惑をおかけしてしまいました。みなさんごめんなさい。寝る時間も午前様にしてしまいましたね。

続きはまた明日書きます。
posted by masa110 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

最近のコーヒーは?

最近のコーヒーは焙煎の強いものが好まれているのでしょうか。先日もある方から有名な所のだよと頂いたものもあまりにもローストが強すぎて豆の種類もわからないくらいでした。その頂いた品は都会でかなり売れている豆屋さんのコーヒーらしいのです。私には焦げた味しか感じませんでした。

また、チェーン店のコーヒーもそのような傾向があると感じます。私は一口飲んだらもういいなと感じてしまいます。この傾向は一種のブーム?なのでしょうか。これではどの場所の豆でも同じになってしまうのではないでしょうか。私にはわかりません。

と最近思っていることでした。
posted by masa110 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

今月は出かける事が・・・

報道でもかなりされているように今年の雪は半端ではないようです。雪国は大変だろうと思います。お気をつけてお過ごし下さい。

今月はいろいろと出掛ける日が多くなると思います。まず来週は7日.8日と出かけます。留守がちになりますのでよろしくお願いいたします。出かける度に荒れた天気になっていたりして・・・

詳細は決まり次第御案内いたしますが、1日だけですが東京のある場所でイベント販売をいたします。太平桜のお酒とともに当店で扱っている先日ご案内したりんごジュースとみかんジュースも出す予定です。よろしくお願いいたします。
posted by masa110 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする