2006年05月14日

第5回ワイン試飲会報告

昨日は、書き込みが出来ませんでした。ワイン試飲会の報告をいたします。

昨日は、1日中雨で少なめでしたが、本日は雨も上がりましたので良かったです。今回も前回の日本酒試飲会の時と同じように小グループでのミニワイン講座みたいな感じでとっても良かったと思っています。

今回ドイツワインの試飲会をしてみて感じたのは、ドイツワインって言うと甘ったるいというイメージを持っている方が、非常に多くいらっしゃるのだな。ということです。

一昔前を中心に市場に出回っていたドイツワインがそのイメージを定着させたのだと思います。しっかりとした造り手のワインであれば甘みがある程度強くてもしっかりとした酸があります(酸味をあまり感じなくても奥に隠れていてしっかりと下支えをしてくれています)ので、甘ったるいという感じではないのですがね。

もし、そのようなイメージを持っている方がおりましたら、もう一度そのイメージを白紙に戻して試してみて下さい。素直に美味いと感じられると思います。

今回御試飲いただきましたワインを御紹介します。
・ケスターヴォルフ シルヴァーナ クラシック 2004 750ml\1,450
・ヨハンハールト ピースポーター ファルケンベルク ハルプトロッケン 2004 750ml\1,680
・トーマスハーク シュロスリーザー リースリングQ.b.A 2002 750ml\1,890
・シュロスコブレンツ クリュセラーター ブルダーシャフトリ ースリング カビネット2004 720ml \1,100
・ダーメンクーネン メーリンガー ツェラーベルク リースリングホッホゲベックス2004 750ml\1,800
・ルドルフファウス ウーデンハイマー ゾンネンベルク リースリング アイスヴァイン2004 375ml\3,200
になります。

ある程度の辛口から極甘口までになりました。特に極甘口のアイスワインは、はじめて口にされた方も多く一様に驚いていらっしゃたのが印象的でした。

また、御試飲していただいた方のドイツワインに対するイメージも変わったのではないかと感じました。ある女性の方は、「今まで甘めのワインが好きで飲むのだけれど途中で飽きてしまう」という感じでしたが、今回の試飲で出来の良いワインを選べばそんな事は無いと感じていただけたようです。

来月もワイン試飲会行いますので、ぜひ御参加ください。お題はまだ決めていませんが。

posted by masa110 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック