2006年06月22日

久しぶりに

勉強不足のためか、銘柄に興味がないためか、ワインの銘柄は(特に話題のワインなど)、あまり判らない私ですが、昨日は久しぶりに良いワインに出遭いました。

ワインは、「マコンヴィラージュ」とここまで書くと、ふーん無難な味わいというか、こんな感じかなと想像が付いてしまいそうですが、この造り手のマコンにはとっても驚きとともに嬉しくなってしまいました。

その造り手は、「アレクサンドル・ジュヴォー」という造り手です。造り手のことは全く判らなかったのですが、輸入元さんのお勧めで仕入れてみて味を見たらビックリ。先に書いた状態になってしまいました。

自然で上品。樽でしっかり熟成させているのだろうけど、その使い方がとっても絶妙。しっかりとした葡萄を育てないとこうはならないだろうな。爽やかさとしっかりとしたボディ感が巧く共存しています。

まだ若さがあるので、さらにあと1年位熟成させると深みが出てきてグッドかも。まあこれは好みもあるのでなんともいえませんが。

マコンヴィラージュとしては、結構価格が高いですが、味を見たらとってもお買い得の1本です。見かけたら一度お試しを。
アレクサンドル・ジュヴォー
 マコン ヴィラージュ ブラン エルヴェ アン ド フェ シェーヌ 750ml \3,200です。

今日は早く寝て明日の早朝に備えます。ワールドカップの決勝トーナメントの顔ぶれが出てきましたが、面白そうなカードが目白押しの予感。ますます寝不足に。



posted by masa110 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック