2009年11月03日

一気に冬へ(09/11/03)

昨日は寒かったですね。親類の不幸があって通夜からの帰り道みぞれ交じりの雨にはびっくりしました。11月のこの時期にみぞれが混じるなんて。

山のほうは、雪がだいぶ積もったらしいです。まだ車も冬支度をしていない時にこの積雪は大変だっただろうと思います。今日も寒さが続いていますがこのままはいかないでしょうからまた暖かくなりそうですね。

先日行ってきたワインの試飲会も時間がなく大急ぎでの試飲だったのですが、なかなか良さげな品もありました。リーズナブルなオーストラリアのワインもその一つで、オーストラリアらしくないと言われてしまえばそれまでですが、CPは非常に高かったです。

またこのブログでも前から書いているのですが、なぜドイツワインがもっと売れないのか不思議でなりません。高品質のドイツワインは、日本人にはピッタリとマッチすると思うのですが。先日の試飲会でも良いドイツワインがありました。

ドイツワインというと甘いというイメージをもたれがちですが、甘さ控えめで程よい旨みを持っているものも数多くあります。たとえ甘く感じるワインでもしっかりと造られた品質の高いワインはキレがあり飽きさせません。

日本人は昔から旨みを共有してきた民族ならではです。しかしあまり程度の良くないドイツワインは、キレがなく甘さが口に残ってしまいます。ドイツワインが日本で売れていた頃このようなワインが市場に大量に出回っていたのも多くの原因があります。

だからドイツワインを選ぶ時は、ランクよりもまず生産者を選ぶと間違いありません。生産者を選ぶということは同時にほぼ場所も選ぶことになります。そしてその生産者の出しているワインの種類の中から自分の好みの甘さをチョイスすることも有効な選び方の一つです。

もちろんその他の国のワインも良いものがたくさんあるのは書くまでもないことですが・・・・
posted by masa110 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック