2010年10月16日

限定酒って美味しそうだけど・・・・・(10/10/16)

朝から喉がちょっと痛い。どうも子供から風邪を頂いてしまったらしい。くしゃみと鼻水も出るのでたぶん・・・。

今日は、以前からお客様のお問い合わせが多いことの一つ「限定酒って書いてあるお酒は美味しいの?」について書きたいと思います。

当店へご来店頂いたお客様はご存知だと思いますが、当店の日本酒のラベルには赤字で限定酒と書いてある品があります。数えてみると結構な数になるのですが、そこでお客様からは「限定酒って美味しそうに感じるんだけど」という問いかけがあります。

その限定酒ですが、当店で限定酒と書いてあるお酒にはいろいろな限定の種類がありますのでここで整理したいと思います。

・ある季節になるとある期間酒蔵から発売されるお酒。
例)真澄 吟醸あらばしり(12月から4月頃まで)

・ある季節に一回だけ酒蔵から出荷されるお酒。これは結構多いです。
例)磐城壽 純米原酒赤ラベル(10月1日発売)

・一般には流通しないお酒。
例)繁桝生酒シリーズ

などがあります。他のお店や酒蔵でも同じだと思いますが、限定酒はある時期の季節ものとして出回るものが多いです。だから季節を感じていただくには、これらの限定酒が面白いと思います。

また限定酒は、希少性が高いというイメージが強く感じられます。このブログでも何回か書かせていただいていますが、希少だから品質が高いとは限らない、そして美味しく感じるかどうかは各個人次第です。

したがって限定酒だから美味しく感じるかどうかは各個人次第ですが、季節限定酒という性格のお酒であればその季節を堪能するのには最高といえます。

今回は日本酒を例に挙げて書きましたが、他の酒類にも当てはまります。例えばワインのボージョレ・ヌーヴォーなどは季節限定酒の最たるものと言えると思います。

でボージョレ・ヌーヴォーですが一昨年、昨年とワインの種類を1種類に絞ってご紹介いたしましたが、多くのお客様からちょっとつまらないとのご指摘を頂きましたので、今年は5から7種類くらいのラインナップを考えております。解禁日から3日間は試飲会もしたいと思っておりますので、こちらはお楽しみに。
posted by masa110 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒類全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック