2013年09月22日

内税?外税?

来年の消費税増税はほぼ決まりのようですね。そこで問題になるのが消費税の表示の問題です。その後さらに増税があるかもしれないということはこの数年のうちに値段の張替えを2回もしなくてはならないということです。

大量生産、大量消費の時点なら良いでしょうし、そのような形態のお店であれば良いのだと思いますが多品種の場合は消費税が代わるたびにそれこそ大変な重労働を強いられます。デパート関係やスーパーなどの協会もかなり迷っているようですね。

一般にアンケートをとると税抜き価格だけの表示を支持する人は極端に少ない結果になっているようでこれが迷わせている一つの要因にもなっているようです。

税抜き表示であれば消費税が変更になっても商品の本体価格には影響しない事からレジでの変更のみで特段商品のラベル変更は必要ない状態です。また消費税という呼び名からも読み取れるように消費する時点で税金をいくら払うかという意識を持つことからも税抜き表示の方が良いと思うのですが。税抜き、税込のダブル表記を支持する声が高いようです。まあ選択でアンケートをとったらその結果になるのは当たり前ですよね。

消費税が3%から5%に上がった時に内税表示が義務化されましたが、その時は手書きのラベルを書き換えるのをとても苦労したのを覚えています。またあのときのようなことを経験するのは最後にしたいという思いが強いです。

まだどのようにするかは決めていませんが、さてどうしましょう?
posted by masa110 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 店の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック